• 顔のたるみに効果的なマッサージのやり方

    年齢よりも老けて見られたり疲れた印象を与えてしまうのは、実は若い時に比べて年齢と共に低下する顔のたるみが原因の可能性が高いと言います。顔のたるみの原因には加齢と共に失われるコラーゲンやエラスチンなどの減少によるお肌の真皮層の弾力性の低下や、普段の姿勢の悪さなどが関係しているとされています。



    中でも表情筋と深層筋という2つの筋力の低下は顔のたるみを引き起こす直接的な原因となっています。


    皮膚のすぐ下に存在する表情筋が衰えることでその上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。
    さらに深層筋が衰えることで表情筋を支える力そのものが弱まります。


    そのため顔のたるみを根本的に改善するにはこの2つの筋肉をしっかりと鍛えてリンパの流れを促進するマッサージが非常に効果的とされています。
    マッサージのやり方は非常に簡単です。

    まずはお肌の滑りを高めるために手に適量のクリームやオイルを付けて、首の周りのデコルテ周辺をリンパの流れに沿って優しくさすっていきます。

    次に眉間から耳の方向へなでるようにおでこを流した後に、指先から手のひら全体を上手に使用して頬骨に沿って内側から外側からお肉を持ち上げるように流します。

    教えて!goo情報をご紹介いたします。

    最後に目の周辺のツボを刺激してから口元の周辺をほうれい線を消すイメージで指先でなでていくのがマッサージの一連の流れとなります。
    このようなマッサージを出来れば朝と夜の1日に2回程度行い日々の習慣にすることで、若い時にようなキュッと引き締まったフェイスラインを手に入れることができます。